花鳥風月攻略 パンデモニウム



Step 5
Pandemonium Warden(パンデモニウム)
討伐段階Step 5出現位置エジワ羅洞 (K-6)
前段階NMStep4の3種NM(全て)
POP条件
???に万魔殿の鍵をトレード
種族ドゥエルグ族ジョブタイプ召喚士レベル??
●戦闘の流れ
本体はPandemonium Warden(ドゥエルグ族)1体。ペットとしてPandemonium Lamp(小型のドゥエルグ族)を6体引き連れている。 初期状態で本体は無敵で、出現後すぐにペットと共に他の種族に姿を変える。殲滅するとまた他の種族に変化するので、これを繰り返していき、最後に本体との直接対決となる。

図1. 戦闘フローチャート


●変化した敵の共通性質
・リンク特性
ノンヘイトでは絡まない。
本体→ペットへのリンク有り。ペット→本体へのリンク無し。ペット同士のリンク有り。
本体とペットとのヘイト連動有り。
ペットは本体からある程度離れると本体の位置へワープする。

・バトル特性
ノンヘイトになった場合のHP回復は無し(本体・ペットとも)。
ノンヘイトになった場合、初期位置に戻った後150秒で消滅。
救援要請を1度でも出した場合、HPが戻らないためその部隊を倒した時点で戦闘終了。
※もとからPOPしている雑魚スライムの処理時注意。
本体は引き寄せ使用。標的としているPCが近接位置を離れると使用する。

・ペット
6体出現する。HPはいずれも4000ポイント程度。常時リゲイン状態。

・魔法耐性
本体、ペットとも、睡眠・ヘヴィ・バインド完全耐性。
通常弱体、及びスタン有効。但し本体はレジスト率高い。

●敵別攻略

【1〜4番目】サルベージ・ボス戦車
共通性質(本体)
種族Chariot族(戦車)×1体
使用技 (共通の技のみ)
ディフュージョンレイ 前方範囲ダメージ(中)
ディスチャージ 敵中心範囲ダメージ(中)、麻痺付加
イナーシャストリーム 敵中心範囲ダメージ(中)、バインド付加
耐性雷強耐性、氷弱点
対策各戦車欄参照
共通性質(ペット)
種族Gears族(3連ギア)×6体
使用技 A.グラビティ 敵中心範囲ダメージ(中)、へヴィ付加
アンチグラビティ 敵中心範囲ダメージ(中)、ノックバック
レールキャノン 敵中心範囲ダメージ(強)
※レストラルは使用しない。
耐性雷強耐性、氷弱点、突撃特攻
対策ペット独特の挙動については共通性質の欄を参照のこと。 睡眠や足止めが一切効かないため、エインヘリヤルのような戦闘対処が必要である。 6体だが、範囲が強力なので注意。本体から離し過ぎると本体の場所に飛ぶため、戦闘する場所を工夫する。 ペット・本体ともサルベージの応用である。
バフラウ型
使用技 ホーミングミサイル 敵中心ダメージ、ヘイトダウン。
敵がターゲットに対して正面を向いている時のみ使用。
現在のHPの90%前後のダメージ。
対策 サルベージと同様、正面を向いているときしかホーミングミサイルを撃ってこないので、盾役へのイレース、パラナはしっかりと 行う必要がある。時々ターゲットの方に向き直るので、すぐに側面や背面に回ること。保険のためにスタンを使えるジョブは最低1人は構えておく。ホーミングミサイルの範囲は非常に広く、1発でも被弾すると危険。
魔法ダメージに強い耐性を持つため、物理攻撃で削るのが有効。但し与TPにはくれぐれも注意。
銀海型
使用技 ブレインジャック 単体魅了、効果時間中スリップダメージ。
一定時間、または一定HP毎に使用。 一度に6発続けざまに発動させる。 使用するときは必ずターゲットの方を向き直る。 ナイトのメリポアビ、フィールティで無効化可能。
対策 恐らくナイトが盾役にいると思われるので、ブレインジャックはフィールティで無効化する。使用タイミングは振り向いた直後がよい。フィールティが使用できない場合は魅了されたメンバーに倒されないように注意しつつ凌いでいく。この場合復帰後にスリップで減ったHPを大ケアルしてしまうと事故が起きやすい。当然、魅了されるプレイヤーは武器を弱いものに変えておく。
アラパゴ型
使用技 モータルレボリューション 敵中心空蝉消費型ダメージ(強+)、スタン付加、ノックバック
対策 直撃すると大ダメージの上、スタンで対応しにくくなるが、空蝉で回避することが可能。 後衛は絶対に被弾しないようにすること。
ゼオルム型
使用技 ディスコイド ターゲット中心魔法ダメージ(固定)、10000ポイント頭割り
対策 ディスコイドは10000ポイントの魔法ダメージが、食らった人数に等分される。従って多くの人数で食らうことが重要で、最低でも10人以上で食らった上でケアルガを後衛全員で行ってリカバリーしていく。シェルVをメンバー全員に掛けておくことも重要。戦闘位置は、盾役が敵からできるだけ距離を取った近接位置、他メンバーはボスの斜め前で、ディスコイドのみを食らえる位置。盾と敵との距離が、そのまま安全地帯の距離になるので、盾役の位置も地味に重要である。レジストされやすいが、スタンで技自体を止める試みも忘れてはいけない。
【5〜7番目】アトルガン・蛮国軍王
Medusa
種族メロー ×1
使用技 天の羽羽矢 ターゲット中心範囲ダメージ、バインド付加
テールスラップ 前方範囲ダメージ、スタン付加、ノックバック
シャドウスラスト 単体ダメージ
石火矢 前方範囲ダメージ、石化付加
ペトリファクション 単体石化
産石のダンス 敵中心範囲石化、視線判定、HP25%から使用
耐性水耐性、雷弱点
対策スタンやバインドなどの足止めを伴った大ダメージの範囲攻撃が多い上、石化する技も多い。石化を食らわないアラ外からもストナを受けられる態勢を整えておくことが必要。
(ペット)ラミア・メロー
種族ラミア(狩)×2、ラミア(黒)×1、メロー(赤)×2、メロー(侍)×1
使用技 ラミア・メロー系特殊攻撃
使用魔法 ラミア(黒)→IV系精霊魔法、ガIII系精霊魔法、スリプガII、ポイゾガII、アイススパイク
メロー(赤)→III系精霊魔法、プロテスIV、シェルIV、ファランクス、ディアガIII
耐性水耐性、雷弱点
対策ペットの一般的注意に従って倒す。睡眠を使ってくるため対策しておくこと。魅了効果をもつ「ベリーダンス」については視線判定のため、後ろを向いて回避すること。
Gurfurlur the Menacing
種族トロール ×1
使用技 金剛断鎖拳 単体5回攻撃
ヘイメーカー 前方範囲ダメージ、アムネジア付加、ノックバック
ヘッドスナッチ 単体瀕死ダメージ、ヘイトダウン
スレッジハンマー 前方範囲ダメージ、石化付加
大力足 魔法ダメージ吸収状態 1分
プレアデスレイ 敵中心範囲ダメージ、毒、麻痺、スロウ、静寂、悪疫、バインド、ヘヴィ付加 HP25%から使用
耐性水弱点
対策魔法吸収状態となる大力足があるため、精霊はほとんど使えない。物理攻撃で削っていく。HP残25%からは複数の状態異常を同時に引き起こすブレアデスレイを使ってくるので、万能薬/万能膏を準備しておきたい。
(ペット)トロール
種族トロール ×6
使用技 トロール族特殊攻撃
対策 ペットの一般的注意に従って倒す。
Gulool Ja Ja
種族マムージャ ×1
使用技 【SP】微塵がくれ
ラッシングスラッシュ 単体4回攻撃
タイラニックブレー 前方範囲ダメージ
ボーパルホイール 単体ダメージ、遠隔位置からの攻撃に対してカウンター
マイアズマ 敵中心範囲悪疫、スロウ、毒(5/3sec)
デカセート 敵中心範囲ダメージ。HP25%から使用。
耐性 
対策純粋にダメージのみで押してくるイメージ。当然回復が重要となってくる。
(ペット)マムージャ
種族マムージャ ×6
使用技 マムージャ族特殊攻撃
対策 ペットの一般的注意に従って倒す。
【8〜10番目】アトルガン・HNM
Khimaira
種族キマイラ ×1
使用技 トゥールビヨン 敵中心範囲ダメージ、防御ダウン付加、ノックバック
ドレッドストーム 敵中心範囲闇属性ダメージ、テラー付加
サンダーストライク 前方範囲雷属性ダメージ、スタン付加
プレイグスワイプ 後方範囲ダメージ、悪疫、バイオ付加
テネブラスミスト 敵中心範囲TPリセット
岩息 前方範囲石化
フルミネーション 敵中心範囲雷属性ダメージ、麻痺(強)、スタン付加。HP25%から使用
耐性闇強耐性
対策トゥールビヨンと、HP25%以下で使用するフルミネーションに対する対処が戦闘の要となる。
(ペット)プーク
種族プーク ×6
使用技 プーク族特殊攻撃
対策 ペットの一般的注意に従って倒す。イルウィンドによる強化解除注意。
Cerberus
種族ケルベロス ×1
使用技 ラヴァスピット ターゲット中心範囲炎属性ダメージ
サルファラスブレス 前方範囲炎属性ブレスダメージ
スコーチングラッシュ 後方範囲ダメージ(大)、後方カウンターとして使用
ユルレーション 敵中心範囲麻痺
マグマホプロン 敵単体ストンスキン、ブレイズスパイク、効果中強リジェネ
ゲーツオブハデス 敵中心範囲炎属性ダメージ(特大)、バーン(スリップ大)付加。HP25%から使用
耐性炎、闇強耐性
対策ゲーツオブハデスをいかに乗り切るかが重要。バーンの付加スリップも無視できないため、後半の攻略が大切。
(ペット)ボム
種族ボム ×6
使用技 ボム族特殊攻撃
対策 ペットの一般的注意に従って倒す。自爆の使用については不明。
Hydra
種族ハイドラ ×1
使用技 トレンブリング 敵中心範囲ダメージ、空蝉消費型、強化全消去
バロフィールド 敵中心範囲ダメージ、空蝉消費型、ヘヴィ付加
サーペンタインテール 後方範囲ダメージ(大)、後方カウンターとして使用
パイリックブルワーク 物理バリア 1分
ポーラーブルワーク  魔法バリア 1分
パイリックブラスト 前方範囲炎ブレスダメージ、悪疫付加。首1本時のみ使用
ポーラーブラスト 前方範囲氷属性ブレスダメージ、麻痺付加。首2本時のみ使用
ナーブガス 前方範囲 ブレスダメージ+毒+呪い。首3本かつHP25%以下時のみ使用
耐性 
対策首の数によって敵の技、リジェネ量が異なる。クリティカルヒットによって首を切ることができるので、クリティカル補正のかかる多段WSや、不意打ちなどを利用する。HP25%以下で首が3本になると呪いを付加するナーブガスを撃ってくるため、盾は聖水必須。
(ペット)Dahak
種族Dahak ×6
使用技 シャドウドラゴン族特殊攻撃
負の歌
対策 ペットの一般的注意に従って倒す。負の歌が脅威。掛かっている強化魔法の数に比例したダメージのため、相手にする際は最小限の強化に留めること。


●本体との直接対決
ここまで10の部隊を全て撃破すると、いよいよパンデモニウム(ドゥエルグ)との直接対決となる。 戦闘に関するフローチャートは以下のようになる。

図2. 直接対決フローチャート


Pandemonium Warden(本体)
種族ドゥエルグ族 ×1体
ジョブ召喚士
耐性睡眠、足止め、スタンを含む一般弱体完全耐性。影縫いのみ有効?
使用技 【SP】アストラルフロウ 召喚即時発動型、攻略参照
カックル 敵中心範囲魔攻、魔防、魔命ダウン
ヘルクラップ 前方範囲ダメージ、ヘヴィ付加、ノックバック
ヘルスナップ 敵中心範囲スタン
ネクロパージ 敵中心範囲ダメージ、呪い付加
ネクロベイン 敵中心範囲視線判定麻痺、呪い
ビルジストーム 敵中心範囲ダメージ、攻撃力、防御力、命中ダウン付加
鮮血の饗宴 敵中心範囲ダメージ、テラー付加、ヒューマノイドキラー(PCに対するキラー効果) HP25%から使用

[特性]オートリジェネ(弱)
Pandemonium Lamp(ペット)
種族ドゥエルグ族 ×6体
ジョブ黒魔道士
使用技 ドゥエルグ族特殊攻撃
[特性]オートリゲイン
使用魔法 IV系・ガIII系精霊魔法、スリプガII、ポイゾガII、バイオIII、アイススパイク、ショックスパイク
対策 フローチャートに従い戦闘する。POP直後は必ずカックルを行ってから戦闘開始となるため、魔法防御が低くなる。 このため、前の部隊にトドメをさしたPCから順に精霊の集中砲火を浴びることとなり、極めて危険な状態となる。 ペット6体の対処を上手くしないと勝ち目はない。

本体のHPを75%まで削るとペットが全て復活し、直後に召喚獣(全種類)となる。 さらに本体がアストラルフロウを使い、全ての召喚獣がフロウ履行をするため、ほとんどの場合ここで全滅に近い状態となる。 召喚獣はフロウ履行直後に消滅する。履行はカックルを食らったままの状態ではまず耐えられないだろう。さらに沸いたペットの対処も同時にこなさなければならない。ペットは常時リゲイン状態のため、ヒューマノイドキラーを付加する特殊技によってこちらが怯んで思うように攻撃できない。相手からの精霊はどんどん飛んでくるのでとても耐えられたものではない。 これが本体HP50%、25%を含め3回ある。まさに花鳥風月最高峰、最終決戦にふさわしい内容である。

ドロップアイテム
シェンロンバグナウ 格闘 D+21 隔+51 STR+3 命中+10 ダブルアタック+1% モクシャ+3 Lv71〜 モか
八竜腹巻 (トレードバザーのみ可)胴 防52 命中+20 攻+20 クリティカルヒット+5% 残心効果アップ コンビネーション:ストアTP+ Lv75〜 戦モ狩侍忍

<以下2装備は現状未確認>
ドルジェ  両手棍 D42 隔402 MP+20 魔法攻撃力アップ+25 ヒーリングMP+10 Lv75〜 白黒赤吟召学
七枝刀(ななつさやのたち) 両手刀 D77 隔420 STR+7 DEX+7 残心効果アップ Lv72〜 侍


<以下素材は全て100%>
ハイドラの鱗
ハイドラの牙
ケルベロスの皮
ケルベロスの爪
キマイラの角
キマイラのたてがみ
称号
パンデモニウムクウェラー


攻略情報の報告はこちらまで。
Copyright (C) 2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


homeへ戻る