ナイズル島アサルト・攻略対策(HNM)


●20層、40層の進軍方法
●60層、80層の進軍方法
●ナイズル最深部、第100ブロック
●ドロップアイテム


●20層、40層の進軍方法
ナイズル島アサルトの大きな目的、それは固有装備の取得である。
これの取得は、20層毎に登場するHNMを倒し、そのレアドロップからとなる。
この欄ではHNMの中でも、足装備をドロップする20層、脚装備をドロップする40層についてまとめてある。
◎挑戦する方法
突入する際、20層や40層など、区切りの良いところからスタートすることはできない。
従って、20層に挑戦したいなら16層から、40層に挑戦したいなら36層からのスタートとなり、
通常フロア×4層 → HNMフロア
という攻略をすることとなる。
◎通常フロア進軍の心得
HNMと戦うまで、4ブロックの通常フロアがある。HNMとの戦闘時間はできるだけ長い方が良いので、極力速攻で進むことが求められる。
目安としてはHNMに対して5〜10分ほどの時間を残したいところである。従って、HNMフロアに臨む時の注意は、
通常フロアを速攻でクリアでき、かつHNMも倒せる構成を組むこと、となる。
さて、時間不足となる大きな要因は、各PCが慣れている場合でも以下のような場合が挙げられる。
1)殲滅作戦が多く、時間が足りない
→殲滅力を上げることは編成の時点から行うべきことである。
2)特定殲滅でプリンが出る(または打耐性の敵が多い)
→物理のみでも時間が掛かるが確実に倒せる。精霊を撃てる人がいれば早くなる。
3)特定殲滅でソウルフレアが出る
→アイススパイクの麻痺が主要な原因であることが多い。フィナーレで消えるので詩人を連れて行こう。
バイオを食らったら最優先でイレース。白の印イレースも使いたい。
4)ギアを含む多数の敵が居るエリアに当たった
→マラソンや睡眠技術を磨くことが大切。時には必要のない敵を倒すことも必要。
5)順番ランプに当たった
→攻略ページを読んで指示スキルを磨くべし。

もちろん不慣れだと楽な作戦でもクリアできないことが多い。
回数をこなし、連携が取れるようになることが重要!
◎HNM対策
ブロック20、40では、旧エリアの地上HNMが出現する。
すなわち、Adamantoise、Behemoth、Fafnilの3種である。
これらの個別対策を記載する。

▲Adamantoiseの対策
アダマン亀なので非常に物理耐性が高いと思いきや、それほどでもない。
従って5分〜10分ほど時間があれば殴り切れる。
精霊属性は氷しか通らないと思って良い。使えるメンバーが居れば早く攻略できる。
注意すべき攻撃は、各ブレスで、前方範囲600前後のダメージである。
蝉で回避できないので上位シェル、回復などで凌ごう。

▲Behemothの対策
ベヒーモスだが、メテオは撃ってこない
物理も精霊も通るので、範囲スタン、範囲ダメージに注意すればマラソンする必要はないだろう。
ちなみに範囲スタンは全員が食らうものと思ってよい。
精霊は雷も通るが、氷の方が楽だろう。

▲Fafnilの対策
ファフニルは上記2種のHNMよりもかなり強い。
まず立ち位置がとてもとても重要である。
敵の技のブレスは、敵正面が最もダメージが高く(約1000)、正面からずれるほど弱い。
従って、敵正面に立つことは自殺行為である。
また、ウィルム族の特徴として、背後からターゲットを取ると全滅クラスの範囲攻撃をしてくる。
ファフニルの場合はスパイクフレイルで、これを食らうとほぼ全滅は間違いない。
一番多いのは、後衛が後ろの方でタゲを取ってしまい、その後盾が取り返そうとして背後から挑発→発動というパターンである。
従って、これら2種の理由から、全員の立ち位置は敵の両足の位置しか考えられない。

他の攻撃については、ハリケーンウィングが暗闇付加であり、前衛の攻撃が鈍る。
ブライナは頻繁にかけることが大切。
また、アブゾルートテラーにより、長時間の単体行動不能となることがよくある。
テラーはどのような手段でも解除できないので時間経過を待つしかない。
この時間中サブ盾となるジョブが必要である。

範囲攻撃が多いので回復も重要である。
なお、属性としては氷が通りにくく、雷が通りやすい。

[付記]
固有装備のドロップは、HNMを倒すことによるドロップであり、トレハンが有効となる。
その意味で、シーフを入れる意義は相当に大きい。

報酬は20層が両足、40層が両脚装備。ドロップ率はいずれも低め。
また、ミシックウェポンの素材が1種、ジョブはランダムでドロップする可能性がある。
ドロップアイテムについてはこちらのページをご覧ください。
●60層、80層の進軍方法
このページではHNMの中でも、手装備をドロップする60層、胴装備をドロップする80層についてまとめてある。
60,80層は、それまでの層に比べて通常フロアの移動範囲が格段に広くなる。
このため移動距離が伸び、時間の消費が大きい。HNMに掛けることのできる時間も減る上、敵が相当強いので困難である。
60,80層ではアトルガンエリアのHNM3種が出現する。その対策を掲載する。

▲Hydraの対策
ハイドラは、通常世界ではワジャーム樹林に出現する三つ首のHNMである。
首が多いほど強力な攻撃を繰り出し、その数だけのダブル、トリプルアタックもある。
また首が多いほど強力なリジェネ効果が発動する。
クリティカルダメージを与えることで首が取れる可能性があり、これにより相手を弱体化させて倒すことが戦略となる。
とはいえ、ランページ連発であっという間に首が1つになったりするのでそれほど考えなくてもよさそうだ。

▲Cerberusの対策
ケルベロスは、通常世界ではゼオルム火山に出現するHNMである。
HP2割まではそれほどではないが、2割から使うゲーツオブハデスという強力な範囲攻撃があることから最後っ屁HNMとして恐れられている。
サルベージでは、60,80層においてはこのゲーツオブハデスは使用してこない。
ただ、通常がほぼトリプルアタックであり、攻撃間隔は相当早い。蝉を使うのであればマチマチ+ヘイストが必要である。
また、ユルレーションという広範囲麻痺があるため、これに対する迅速なパラナが重要。
スタンは入るので連続魔スタンを使えば後半百烈などで楽になる。侠者の薬などがあればもっと楽である。

▲Khimairaの対策
キマイラは、通常世界ではカダーバの浮沼に出現するHNMである。
範囲攻撃が相当シビアで、範囲テラー、石化、TP0、スタンなどを使いこなす。
高スキルの弱体なら通るのだが…。

報酬は60層が両手、80層が胴装備。ドロップ率はいずれも低め。
また、ミシックウェポンの素材が1種、ジョブはランダムでドロップする可能性がある。
ドロップアイテムについてはこちらのページをご覧ください。
●ナイズル最深部、第100ブロック
現在実装されているナイズル島アサルトで、最も深部に位置するブロック100。

・ブロック100にはアトルガンHNM3種のうち1種が存在する。
・ブロック100のHNMは、60や80ブロックで使ってこない強WSを使うようになる。(例:ケルベロスのゲーツオブハデス)
・もしブロック100を勝利できると、ミシックウェポン取得クエストのオファーに必要なだいじなもの:幻灯のカギを入手できる。
・080909バージョンアップで、100層のHNMを倒してもそれまでの踏査記録が消去されなくなりました。

報酬は頭装備。ドロップ率は低め。
また、ミシックウェポンの原器となる武器が1種、ジョブはランダムで100%ドロップする。
加えて「伝送の幻灯"Rune of Transfer"」を操作したPC のジョブに対応する専用武器を1つ、100%ドロップする。
ドロップアイテムについてはこちらのページをご覧ください。
ミシックウェポンについてはこちらのページをご覧ください。


攻略情報の報告はこちらまで。
Copyright (C) 2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

homeへ戻る